アートボディワーク

ダイエット

珍しく【免疫力アップレシピ】ホットバナナヨーグルトのご紹介!

ダイエット 

みなさまこんにちは。愛知県蒲郡市の整体院、アートボディワークです。

本日は珍しく、レシピなんぞお伝えいたします。今の時期にピッタリ!!コレ、とっても簡単なのでぜひお試しあれ!

免疫力アップに!「ホットバナナヨーグルト」

2人分(作業時間5分・調理時間約2分)

①バナナを食べやすい大きさに切る。600Wで30~40秒温めるか、フライパンで約1分程度、焼き色がつくまで加熱する。

②耐熱容器に100g前後のヨーグルトを入れ、ラップをせずに600Wで30秒~40秒ほど温める。

③少し混ぜてみて、まだ冷たいようなら10秒ずつ追加で温める。

④①のバナナを入れた後、お好みで、はちみつやオリゴ糖シロップ、ココアパウダーやシナモンパウダーをトッピングしてできあがり。

※バナナには、抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれており、オリーブオイルを入れることで抗酸化作用がさらにパワーアップするので、肌の老化が気になる方はぜひ試してみてください。

~バナナを温めるメリット~

バナナにはオリゴ糖が含まれていて、腸内環境を整えるビフィズス菌を増やす働きがあります。バナナを温めて食べることによって、熱が腸へと伝わり体を温めてくれます。寝起きの体温が低下している時にホットバナナを食べると、腸が活性化し、便秘の解消が期待できます。また、バナナは温めることで糖度が20%アップすることが研究結果で証明されていますので、みなさんもバナナの甘みをじっくりと味わいつつ、効果を期待してみてはいかがでしょうか?

~ヨーグルトを温めるメリット~

・乳酸菌が最高潮に活性化
・カルシウムの吸収率アップ
・冷えによって消化機能が弱くなるのを予防

食物繊維を含むバナナと乳酸菌を含むヨーグルトを一緒に食べることで、整腸作用が高まります。バナナに含まれるマグネシウムは、ヨーグルトに含まれるカルシウムの吸収を助けます。また、ヨーグルトとバナナを一緒に摂ることで骨の形成を促進します。バナナとヨーグルトは味の相性もいいので、おいしく食べられて免疫力を高める抜群の組み合わせなのです。

料理が苦手な僕でもできる、とっても簡単なレシピなので、お子さまと一緒に作ってみてくださいね!これを料理というと怒られちゃうかな、、、(;’∀’)