アートボディワーク

院長のつぶやき

利き手・利き足

院長のつぶやき 

突然ですが、みなさんの利き手・利き足はどちらですか?

ちなみに利き足とは、走り幅跳びのように片足でジャンプする時に無意識に踏切り足にしている方やボールを蹴りやすい方の足のこと。

では次に、利き耳は?利き目は?

・・・こう聞かれて即座に答えられますか?

ちなみに利き耳は、電話の受話器をいつも当てている方だと思えばOKです。

そして、この利き目・利き耳から分かるのは実はご自分の「利き脳」!

右脳と左脳、どちらの脳を普段活発に使っているかということです。

 

結論から言うと、利き目や利き耳が右の人は「左脳」、逆の人は「右脳」。

一般的に言われるのは、右脳派の人は感覚的でいわゆる「直感やひらめき」が鋭い人。

一方の左脳派は、いわゆる「数字に強く論理的」な人と言われます。

あくまでも目安ですが、ご自分に当てはめてみると何となく腑に落ちる…という方もいるのでは?

こういう方法で自分の得意分野が分かるというのも何だか面白い話ですよね。