アートボディワーク

院長のつぶやき

冬の代表「みかん」

院長のつぶやき 

冬の果物の代表、蒲郡といえば「みかん」。

手ごろな値段で売っていますし、何よりビタミンCが豊富!

風邪の流行る季節にはもってこいの果物です。

まず、皮が薄く表面がなめらかでヘタが小さいものが甘いみかんなのだそうです。

皮が厚く、実と皮が離れているものは避けるといいでしょう。

また「より甘くしたい!」という方は、食べる直前にみかんを軽く揉んでください。

みかんは衝撃に弱いので、揉むと酸っぱさの元であるクエン酸が減少するため結果的に甘くなります。

ビニール袋に入れて口を閉じ2〜3日日光に当てるのも同じ効果が期待できます。

また、食べ終わったみかんの皮も実は有効活用できますよ。

1個分の皮をレンジで1分加熱すればレンジ内のいやな匂いを消してくれますし、乾燥させて湯船に入れれば保湿と美肌効果が期待できる「みかん湯」の完成です。

 

ちなみに、みかんの実についている白い筋も実はとても栄養豊富なので、嫌いでなければ食べるのがオススメです♪