アートボディワーク

症例紹介

魔女の一撃!ぎっくり腰 1

ギックリ腰 

今日は急性腰痛、いわゆるぎっくり腰についてのお話です。
ぎっくり腰はドイツ語で「魔女の一撃」といわれており、この一撃を喰らった人は一様に「なんで俺が・・・」と思うことでしょう。しかし、魔女は油断していると容赦なく襲い掛かってくるものなのです。

つい最近も、ひどいぎっくり腰の患者さんが見えました。
来院された時は苦痛に顔を歪め、姿勢を少し変えるだけで激痛が走るような状態でした。

お話を伺ったところ前日の夜、体を急にひねった時に腰を痛めたので悪化しないようにすぐに温めたとの事。

 

しかしその後も痛みが和らぐどころかどんどんひどくなりそのうち動くのも苦痛となって座った姿勢から動けずそのまま夜を過ごされたらしい。
翌日になっても状態は変わらず力を振り絞って何とか当院に駆け込んだ…といった状況でした。

じつは、これまでのこの方の行動には大変なミスがあったのです。
(お解りでしょうか? 続きは次回で。)