アートボディワーク

症例紹介

時々起こる腰痛と慢性的な肩こりでお悩みの40代女性。

ギックリ腰女性特有疾患肩こり腰痛 

昨日の朝、洗面所で顔を洗っていた時に腰に急に痛みを感じてから腰が伸びずにまっすぐ立てなくなった。

その後、前かがみや歩いた時に腰に痛みがあり、特に椅子から立ち上がるなどの動き出しの時が1番痛い。

以前から腰痛と肩こりの治療に整骨院に通っていたが、時々起こる腰痛と慢性的な肩こりは根本的には良くならず、ゆがみが原因かも知れないと思い、アートボディワークに来られたそうです。

腰を伸ばした状態立つ事が出来ないと言うことは、ある特定の筋肉が拘縮している可能性が高いため、触診してみると、大腰筋や腰方形筋が拘縮していることが確認できた。

骨盤と脊柱のゆがみもあり、疲労の蓄積からくるゆがみが原因で起こった筋痛症の腰痛だと考えた。

まず、痛みを避ける防御反応によってこわばった全身の緊張を緩め、その後、今回の腰痛の主要原因となっている筋肉、筋膜の調整を行います。

その後、骨盤、股関節、肩甲骨の調整を行い、姿勢と痛みのチェックを行うと、痛みは10→3位になりました。

患者さんの要望で腰痛と肩こりの再発防止のため1ヶ月に1回、メンテナンスを行うことになりました。