アートボディワーク

症例紹介

テニスが原因の肩関節の痛み

スポーツ障害関節痛 

30代男性 テニスをやっていて、試合が重なり身体を酷使したのが原因か、右腕を挙げたり回したりすると肩関節に激痛がはしる。
特に、投球動作のような動きが痛くて出来ないとの事。
自分で動かしても痛むし、力を抜いてもらい他人に持ち上げられてもどちらも痛みが出るような状態です。
詳しくお話しを聞き、動きのチェック、検査をした後、調整に入ります。
今回のケースは筋肉や筋膜だけの問題では無く、関節にも問題があったため、痛みが出ないよう、丁寧に筋膜、関節の調整を行います。
背骨(頚椎、胸椎)のズレも矯正し、動きをチェックすると、まだ若干 違和感が残る感じだったので、運動動作を伴う調整で関節、筋肉の動きのパターンを矯正すると、来た時に感じてた痛みや可動性減少が大きく変化し、ほぼ100%改善されましたので、とりあえず終了となりました。
しかし、その場で痛みが取れたとしても、日常に戻ったらまた痛みがぶり返してしまっては意味がありません。
その後、どうしてそうなったか? そうならない為にはどうすれば良いか?などを本人が納得するまでしっかりカウンセリングし、その後の経過もメールのやり取りにて観察、アドバイス出来る形をとれるようにしました。
運動をされている方も運動不足の方も、肩の問題は非常に多いです。
(肩凝りレベルも含めれば肩のクライアントさんは一番多いです)
お悩みの方は一度アートボディワークに来てみませんか?
あなたが納得するまでじっくり話し合い、あなたと一緒にあなたの身体に本気で真剣に向かい合います!!