アートボディワーク

院長のつぶやき

もしかしたら熱中症!? 熱中症の症状と対策

院長のつぶやき 

こんにちは!愛知県蒲郡市の整体院、アートボディワークです。

熱中症は梅雨前の5月頃や、梅雨明けの7月下旬から8月上旬に多くみられます。気温や湿度が高く、強い日差しや風が弱い環境のほか、急に暑くなったときも注意が必要です。

熱中症の症状

中症の症状は3段階に分けられ、簡単に軽症から中等症へ進行することもあります。初期症状で気付くように注意し、早めに対策をとってください。意識がもうろうとしている場合には病院受診が必要ですし、熱中症の危険信号となる症状が見られた場合は、救急要請が必要です。

【熱中症の初期症状】

手足がしびれる・めまい、立ちくらみ・筋肉のこむら返り(筋肉の痛み)

【熱中症の危険信号】

高い体温・赤い、熱い、乾いた皮膚(まったく汗をかかない、触るととても熱い)

ズキンズキンとする頭痛・めまい、吐き気・意識障害(応答が異常、呼びかけに反応がない等)

暑くならない工夫と、こまめな水分補給を

まずは、暑さを避けてください。暑い時間の外出や直接日差しがあたることを避け、エアコンを適切に使っていきましょう。また、衣服にはゆったりしたものを。襟元を緩め、黒色系の素材を避けることも役立ちます。そして、こまめに水分を補給しましょう。1回200ml程度まめに補給し、1日に1.2L以上の摂取が理想的です。基本的にはお水、お茶で摂り、汗をかいたら塩分も補給してください。

汗をかける体づくりも意識

上手に発汗するためには、1ヶ月ほどかけて暑さになれる必要があります。急に暑い環境になると熱中症になりやすいので、少し早歩きの散歩を行うなど、汗をかく練習も取り入れてみてください。しっかり対策して健康に夏を迎えましょう。