アートボディワーク

院長のつぶやき

痛みを和らげる「アロマの香り」

院長のつぶやき 

こんにちは!愛知県蒲郡市の整体院、アートボディワークです。

香りには記憶を呼び起こす力と、癒しなどの感情を誘導する力があり、これを治療に応用したのがアロマセラピーです。みなさんは、アロマオイルの香りが痛みを和らげることをご存知ですか?

痛みと香りが同時に刺激として加わると、痛み単独の刺激と比較して、感じる痛みの程度が軽減されることがわかっています。ラベンダーやローズの精油を用いた芳香浴を行い、脳血流を確認したところ、痛みが緩和されていることが証明されました。また、整形外科のリハビリテーションにアロマを取り入れ、痛みのある患者さまの満足感が向上したとの報告もあります。

アロマセラピーの効果における研究では、レモングラス・ユーカリ・ローズマリー・ゼラニウム・グレープフルーツなどの精油の中から既往歴などにより禁忌となるものを避けて使用したところ、痛みが緩和されただけでなく、筋肉の緊張をほぐし関節の可動域が拡大したと報告されました。

自宅での芳香浴は、セルフケアとしても手軽に始められるのでおすすめです。ティッシュに2、3滴アロマオイルを染み込ませて10~15分間芳香するだけでも効能を発揮します。用法用量に注意が必要ですし、妊娠中や持病等で使用できない精油もありますので、お近くのアロマセラピストに相談してみましょう。また、痛みが急激に悪化するなど、改善しない場合は主治医を受診ください。

アートボディワークでもラベンダー精油を用いた芳香浴をしています。植物から有効成分を抽出した100%天然由来のオイルですから安心してご来院ください。