アートボディワーク

院長のつぶやき

薬を飲むのにベストな水 デカフェ

院長のつぶやき 

んにちは!愛知県蒲郡市の整体院、アートボディワークです。

体調不良でお世話になる「お薬」。薬は、水かぬるま湯で飲むのが正解。

しかし、ついお茶やジュースで飲んでしまうことも。特に問題なかった方が多いとは思いますが、厳密にはどれもダメ。薬の中には、ジュースやお茶の成分と反応して、効きが悪くなったり良くなりすぎたりするものがあります。中でも特に注意が必要なのが、グレープフルーツジュース。降圧剤や高脂血症治療薬などとの飲み合わせが悪く、薬が効きすぎて、血圧が下がり過ぎるなどの副作用が出るので避けてください。また、アルコールで飲むのも絶対にやめましょう。

尚、薬を飲むのにベストな水の量はコップ1杯。少なすぎると食道などに薬が残って炎症をおこしたり、薬の吸収が遅れて効きが悪くなります。コーヒーを飲みたい場合も、できれば血中の薬の濃度が下がるまで数時間待つのがベストです。どうしても…の時は、デカフェに変えるのがオススメです。

 

※デカフェとは・・・本来カフェインを含んでいる飲食物からカフェインを取り除いたり、通常はカフェインを添加する飲食物にカフェインの添加を行わないことで、カフェインを含まなくなったもののことを指します。