アートボディワーク

ご年配の方向け

前重心と後ろ重心

ご年配の方向け 

こんにちは!愛知県蒲郡市の整体院、アートボディワークです。

普段歩くとき、自分が前重心か後ろ重心かなんてあまり意識しませんよね。しかし、重心は美容や健康に意外と大きく影響します。もともと日本人は、欧米人と比べ踵に重心を置く「後ろ重心」の人が圧倒的に多いですが、まずは自分がどちらの重心かチェックしてみてください。チェック法を1つ挙げるとすると、空港などによくある「動く歩道」。動く歩道から降りる時に前に放り出されるような感覚が強い人は、つま先に重心が乗っている「前重心」。逆に、動く歩道に乗る時に前にぐんっとひっぱられる感覚が強い人は、踵に重心が乗っている「後ろ重心」です。

それぞれメリットとデメリットがありますが、素早く動く、動き出しがスムーズになるのは前重心。瞬発力を必要とするアスリートなどには向いている重心です。ただ、前重心は骨盤が前傾し、そのバランスをとるために反り腰になりやすく、腰痛やぽっこりお腹の原因になることも。また、ふくらはぎがはってしまうのもデメリットです。

一方の後ろ重心は、前重心と比べると重心は安定しやすく、あまり足には無駄な力が入りません。ただ、適正レベルを超えてあまりにも踵のみに重心がかかると、骨盤が後傾して猫背になりやすく、前太ももがはってしまいます。また足の指が浮いて正しく使えないため、安定性が悪くなり転倒のしやすさにもつながります。

では、重心は前がいいのか後ろがいいのか。これについては諸説ありますが、基本は「中心よりやや後ろ」くらい。くるぶしの少し前くらいをイメージするのがいいでしょう。自分が前後どちらに寄っているのか自覚して、改善していくことが大切です。アートボディワークがお手伝いしますよ!