アートボディワーク

ご年配の方向け

胸鎖乳突筋

ご年配の方向け 

首が凝ったと感じたとき、原因になっている主な筋肉は「肩甲挙筋(けんこうきょきん)」「僧帽筋」「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」の3つ。今回はその中から胸鎖乳突筋に注目してみましょう。

胸鎖乳突筋は、耳の下から鎖骨と胸骨まで繋がり、首の横を斜めに通る帯状の筋肉のこと。首を横に向けた時に、斜めに浮き出るスジのような筋肉なので分かりやすいはずです。ここは、首をねじったり曲げたりする時によく使う筋肉。更に、うつむいた状態で首を固定する際にも使われます。

つまり、パソコンやスマホをよく見る人や猫背の人は、特にこの筋肉に負荷がかかりがち。更に、この筋肉がこってしまうと頭痛を引き起こしやすいのも要注意です。ですから、コリを溜める前にほぐすようにしてください。

まず右手で左肩を押さえ、左の鎖骨と肩が動かないように固定します。そのまま首を後ろに倒し顎を上げ、後ろに倒したまま首を右に傾けます。この時、あご先は左上に向くイメージ。左側の胸鎖乳突筋が伸びているのを感じたら、そのままの姿勢で30秒。これと同じことを逆側も行い、両側の筋肉を伸ばしましょう。その他には、胸鎖乳突筋をつまんで直接ほぐすのも効果的です。筋を軽くつまんで3秒圧をかけて離す…を繰り返してみてください。こまめにやれば、首コリがだいぶ軽減するはずです。