アートボディワーク

院長のつぶやき

救急医療の日

院長のつぶやき 

みなさまこんにちは。愛知県蒲郡市の整体院、アートボディワークです。お元気でお過ごしでしょうか?

9月9日は救急医療について理解を深めることを目的とした記念日です。昨年は全国の救急出動回数が663万9751件で、これは約5秒に1回の割合で救急隊が出動している計算です。そしてこの件数は、毎年過去最高を更新するほどの増加傾向にあります。まず患者の年齢層で見ると、搬送患者の約6割を高齢者(65歳以上)が占めています。日本が高齢化社会なのは確かです。しかし日本の高齢者割合が約28%であることを思うと、やはり高齢者が特に多く救急搬送されていることが分かるでしょう。更に症状の内訳では軽症が約5割、中等症が約4割を占め、重症は全体の1割以下。いかに軽症から中等症者が多いか分かりますね。こうした現状は救急現場のキャパオーバーを招き、実際に病院到着時間も年々遅くなっています。とにかく、無駄に救急車を呼ばないことが大切。症状の重篤度が分からない時は「#7119」に電話をしてください。専門家から症状等のアドバイスがもらえます。