アートボディワーク

院長のつぶやき

水が多いのに水無月という6月

院長のつぶやき 

みなさまこんにちは。愛知県蒲郡市の整体院、アートボディワークです。お元気でお過ごしでしょうか?

梅雨シーズン真っ只中の6月は、日本古来の呼び方では「水無月(みなづき)」といいます。これは旧暦の6月を指すもので現在でいうと6月下旬から8月上旬が水無月にあたります。しかしこの時期も雨の多い季節であるのに変わりありません。にも関わらずの「水無月」という名称、不思議ですよね。これにはいくつか説がありますが、「無」という文字は実は「無い」を意味するのではなく、「〜の」という意味で使われている…という説が有力です。つまり「水無月」は「水の月」という意味。というのも6月下旬はちょうど田んぼに水を引く季節なんです。古くから稲作を中心として暮らしてきた日本人は“田んぼに水をはる時期”にちなんで6月を「水の月」と名付けたのでしょう。

じとじと暑いこの時期、うまく乗りきりたいものですね。