アートボディワーク

院長のつぶやき

大人のアレルギー

院長のつぶやき 

あなたは大人になってから急に食べられなくなったものがありますか?

大人のフードアレルギーは果物・小麦・甲殻類が多く、中でも果物アレルギーは花粉症やその他アレルギーと連動するケースが多いとされています。

症状は、粘膜の腫れやかゆみ、蕁麻疹、腹痛、嘔吐、下痢などが挙げられます。

 

大人のフードアレルギーの大きな特徴は、アレルゲンの食べ物そのものが原因でなく、先に花粉やラテックス(ゴム)のアレルギーを発症したことにょって、それと似たタンパク質を持つ食品に対してもアレルゲン反応を起こす場合があること。

例えば、ブタクサの花粉ならスイカやメロンなど、ハンノキの花粉ならリンゴ、桃、サクランボなど。

またラテックス(ゴム)なら、アボカド、バナナ、キウイなどとなり、必ずしもアレルゲンと

なるフルーツの経口摂取が最初の原因とはいえないのです。

もし自覚症状がある方はご自分の本当のアレルゲンが何か調べてみるのもオススメですよ。

僕の身内では、「そば」「フグ」のアレルギーが成人してから発症しています。

フグは食べる機会がそう多くない高級食材ですから、そんなに支障はないですが、そばはそば好きだったのでとても残念がっています。