アートボディワーク

院長のつぶやき

どんな姿勢で寝る?

院長のつぶやき 

皆さんは寝る時にどんな姿勢で寝ることが多いですか?

本来、もっとも体によいとされる姿勢は仰向け、それも「大の字」の姿勢です。

仰向けは体圧が最も均等に分散されるため血流が妨げられにくく、また体の熱が放熱されやすいため深部体温が下がりやすいことから寝付きがよくなります。

また胸が圧迫されませんから呼吸も深くなり、正に最も適した寝姿勢と言えるでしょう。

ただし、舌が気道を塞ぎやすいのとイビキが大きくなりやすいので、イビキや睡眠時の無呼吸でお悩みの方は横向きがオススメです。

また、背骨が正しくS字カーブを描いていないと仰向け寝で不快を感じる場合があります。

その際は膝下にクッションを入れる、横向きで抱き枕を使って眠るなどの方法でも楽になるので試してみてください。

更に、年齢を重ねると血を心臓に押し戻す血流の力が弱まるので、足首の下にクッションなどを置いて足先を少し上げて寝ると足の

むくみ対策にもなりますよ。

僕は最近、冷感素材の抱き枕を愛用しています。これがとってもいい調子なんです♪

おススメですよ(^_-)-☆