アートボディワーク

院長のつぶやき

傘の干し方☆

院長のつぶやき 

今月は大活躍の傘。

濡れたまま放置するのはサビの原因になるのでダメですが、日光に当てて乾かしていませんか?

傘を乾かす時は陰干しが鉄則。

日光は傘の生地の劣化や撥水機能の低下をもたらします。

また、傘を使い終わったとき傘の水を切りますが、この時に 傘の先を地面に叩きつける、閉じた傘をクルクル左右に回して水を飛ばす、というやり方もダメなんです。

傘の骨組みは開閉する動きのためだけに作られていて左右の向きにかかる負荷には弱いため、こうした動きは傘に大きなダメージを与えます。

傘の水を切るときは傘を開閉させて水を切りましょう。

それと、生地の撥水効果の最大の敵は実は手の平の脂。

必要以上に生地を素手で触らないように気を付けてくださいね。