アートボディワーク

院長のつぶやき

「いびき」の原因と対策とは?

院長のつぶやき 

皆さんはご自身や家族のいびきで困ったことはありませんか?

いびきは主に男性に多い症状ですが、女性も更年期をすぎると悩まされるもの。

これは女性ホルモンの減少によるもので、女性ホルモンにより上気道開大筋という上気道を開いて維持しようとする筋肉の働きを活発にさせていたものが衰えてくることが原因です。

 

そもそも「いびき」の原因は主に2つに分かれます。

1つが、鼻づまりや飲酒などが原因でおこる一時的なもの。

もう1つは、睡眠時無呼吸症候群といった病気が原因のもの。

こちらは放置すると将来的に心筋梗塞や脳卒中を起こす確率が上がるだけでなく、日中の急な眠気により事故をおこしたり、仕事に悪影響が出たりすることがあります。

 

まず、いびきを引き起こしやすい人には主にいくつかのタイプがあります。

①首が太くて短い

②下あごが小さい

③舌が大きい

④太っている

⑤仰向けで寝る

⑥普段から口呼吸をしている…の6つ。

口呼吸は自分で治すことができるので意識してみるといいですよ。

 

では最後に、いびきの治療について。

いびきは、まず最初に鼻の不調が原因かどうかを見ます。

もしそうなら耳鼻科へいきましょう。

 

鼻に異常がなければ、次は一過性の原因かどうかの判断です。

つまり、飲酒・喫煙・寝具や寝相の不具合・肥満など。

そして最後に、これまでのどれでもなかった場合は「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」を疑われ、程度が軽ければマウスピース、中程度から重度の場合はCPAPという装置をつけて治療します。

いびきは将来的に命にかかわる病気を引き起こす危険につながるので是非ご自分の睡眠を見直しましょう。