アートボディワーク

院長のつぶやき

O脚を治そう!

院長のつぶやき 

日本人にとって足の綺麗さというと「細くて長い」ことが評価されますが、日本以外の国では「真っ直ぐであること」が何よりも大切な美脚の条件になります。

どんなに細くて長くても、O脚やX脚ではあまり美しいとされません。

 

しかし日本人のO脚の割合は非常に多く、なんと8〜9割にも上るとか。

患者さまの中にもこのO脚でお悩みの方がかなりの割合でいらっしゃいます。

 

まず最初に、O脚の定義をおさらいしておきましょう。

両足をぴたりとくっつけた時に、くるぶし・ふくらはぎ・膝・太もも全てがくっつかない場合はO脚となります。

結構きびしい基準ですね。

この基準なら確かに8〜9割の人がO脚だというのも納得です。

皆さんもご自分の足を鏡でチェックしてみてください。

 

ではなぜこんなにも日本人にO脚が多いのか。

その原因は、私達日本人にとっては今でも、正座はしなくても床に直接座ることはとても身近なことで、そんな時につい胡坐や横座りをしてしまうこと。

または、椅子に座っても足を組んだりしませんか。

 

こうした日々の積み重ねで骨盤が傾き、膝頭を外側に引っ張ることでO脚になってしまいます。

また、運動不足によって内転筋が弱くなるのもO脚の原因になります。

ただしO脚も悪化すると痛みや歩行障害につながることがあるので、できるだけ早く改善させるのがオススメですよ。

 

O脚の原因は色々ありますが、中でも今回は内転筋の強化トレーニングをご紹介しておきましょう。

 

①横向きに寝て、下になる手の肘を立てて状態を起こします。

②上の足は膝を立て、下の足は伸ばしたまま天井に向けて引き上げて5秒キープする(×5回)。

③体の下になる向きを変えて左右の足でやってみください。