アートボディワーク

院長のつぶやき

スパイスの魅力☆

院長のつぶやき 

暑いと蕎麦やそうめんなどさっぱりした物ばかり食べがちですが、それは「夏の食欲不振対策」としてはワンパターン!

別のアプローチとして、香りや風味で逆に食欲を増進させるというのはいかがでしょう。

その為にオススメなのがスパイスです。

そもそもスパイスは本来、薬(漢方薬)として使われていた歴史があります。

代表的なスパイスの薬効は、体温を下げて、胃腸の働きを助けてくれるもの。

暑い地域で辛いものが好んで食べられる理由は、この「体温を下げる」という効果が大きいからでしょう。

スパイスを食べると体の表面温度が上がり汗が蒸発するので、最初は暑く感じても結果的に体の中の熱を下げることができるんですね。

とはいえ、スパイス初心者にとってはスパイスを使いこなすのは難しい…。

そんな時にオススメなのが「ガラムマサラ」です。

ガラムマサラとは色んなスパイスを少しずつミックスした万能スパイス調味料みたいなもの。

使いやすいのでオススメですよ。

僕は一時期、グリーンカレーを毎朝食べて元気を出していました!

夏は汗だっくだくですけどね( ´∀` )