アートボディワーク

院長のつぶやき

湿度100%!? つづき

院長のつぶやき 

こんにちは。みなさんお元気ですか?

 

なぜ日本の夏は過ごしにくいのでしょう?のつづきです。

「所さんの目がテン!」で以前実験していました。

ちょっと興味があって面白かったので載せてみようと思います。

 

=========================================
気温35度で、湿度76%(日本の夏)と30%(アラブの夏)という2種類の環境の人工気象室に学生さん2名に入ってもらい、その体表面温度を測ってみました。

すると湿度76%の方が体表面温度が3度も高かったのです。

湿度が高いと暑いというのは本当だったんですね。

 

ポイント・・・湿度が高いと、汗が蒸発しにくくなり、体表面温度が上がり暑く感じる!

 

この時期は除湿剤が最も売れる時期

除湿剤には、化学的に湿度を取るものと、物理的に湿度を取るものが有ります。

シリカゲルは表面に無数の穴が空いていて、ここで湿度を取る、物理的な除湿剤。

そこでそのパワーを検証。

 

なんとTシャツの乾燥で、電気乾燥機と対決

時間は5分。シリカゲル2.5キロとTシャツを混ぜ合わせました。

結果は、乾燥機よりもシリカゲルの方がすっかり乾いてしまったのです

スタジオではウェットティッシュをシリカゲルの中に30秒入れただけで、カラッカラに乾いてしまいました

これには所さんもまさに目がテン!

 

実はヒトからも湿気は出ているのです。電車の窓が曇ったりするのはそのためなのです。

いったいヒトは1日にどれだけの湿気を出すのでしょう?

 

そこで「目がテン!」では、学生さんを1日密室に閉じ込めてどれだけの水分が取れるか測定してしまいました。

ヒトが入る前の部屋の湿度と、除湿機の湿度を60%に設定。

除湿機に出てきた水分が人から出た湿度というわけです。

 

雑誌なども水分を吸収するため無く、あるのは「目がテン!」のVTR48本という、実験台の方にはチョット気の毒なこの実験。

結果は600ミリリットルでした。

 

これでもまだカーペットなどに吸収され、採取できなかった湿気が有るそうです。

 

ポイント・・・ヒトは1日1リットルの湿気を出している!
==============================================

 

面白いですね。

熱中症にならないように、温度管理はもちろん、湿度対策、水分補給に気をつけなければ。

でもクーラーに頼り過ぎるのは厳禁!ほどほどにしましょう!

 

もうすぐ梅雨明けとなるでしょうが、その後は本格的な夏。う~ん・・・今年も暑いんでしょうね。

なんとか体調を崩さないよう乗り切りましょう!!

 

あなたの周りにからだに不調を抱える方がいましたら、ひとりで悩んでいないで、是非、当院へご相談ください。