アートボディワーク

院長のつぶやき

お天気痛 1

院長のつぶやき 

みなさんこんにちは。

先週とうとう全国的に梅雨入りしてしまいましたね。

私はこの季節が苦手です。

梅雨でなくても普段でもですが、雨の日はなんともいえないツライ体調変化が起きやすいからです。

腰やひざなど「ふしぶし」の痛みのある方が「今日は特にひどいからきっと雨」とか、「雨の日に出る」とおっしゃることがあります。

「気象庁より当たるぞ」なんて胸を張る方までいます。

特に関節リウマチのある方では、雨の降る前、雨が降っている時、曇り、いつもより寒い時が痛みが出やすいワースト4とか。

 

天気で悪くなるのはこれらの関節痛のたぐいだけかと思いきや、偏頭痛が出やすいという方もいますし、

「古傷が痛むと雨」ということわざも。

私もお天気が崩れると頭が異常に重たくなるんです(涙)

 

痛みや症状までいかなくても、天気が悪くなると機嫌が悪い人はよくいますね。

このように、天候によって起きたりひどくなる痛みを「天気痛」、天候や時間~日単位での気温や気圧・湿度などの気象条件の変化が、痛みに限らず症状の変化の引き金になる疾患を「気象病」といいます。

これらはれっきとした学術用語だそうです。

 

つらい「お天気痛」!

あなたの周りに身体に不調を抱える方がいましたら、ひとりで悩んでいないで、是非、当院へご相談くださいね。