アートボディワーク

院長のつぶやき

白湯

院長のつぶやき 

みなさん「白湯」は飲みますか?

実は白湯は冷え性や便通改善などが期待できる飲み物なのです。

ちなみに、白湯と聞いて「水を温めればいいんでしょ」と思った方、それは間違い。

正しい白湯の作り方は、水を火にかけ沸騰したらそのまま10〜15分沸騰させ続けます。

この長めの沸騰のおかげでカルキなどの不純物がなくなり、口当たりの優しい美味しい白湯が出来るのです。

正しく作った白湯はほのかな甘みがあり、体調が悪いときは苦く感じるんだとか。

白湯には「内臓をあたため活発にする」「毒素(老廃物)を排出する」「代謝がよくなる」の効果があると言われており、これらが結果的に便秘解消や冷え性改善につながるのです。

 

尚、飲むのに一番オススメなタイミングは朝起きた時。

40〜50°まで冷ましたものをゆっくりすするように飲むのが正しい飲み方ですが、冷ます際に水を足すのは厳禁です。

また、1日の最大量は800ml程度で、それを複数回に分けて飲みましょう。