アートボディワーク

ご年配の方向け

「すり足歩行」にご用心

ご年配の方向け 

年を取ったり脚力が衰えると、歩き方が「すり足」になってしまいます。

本人には自覚がないことが多いですが、実際にこうなってしまうと今までつまずかなった所で急につまずいたり転んだり・・・。

高齢になってから転ぶと、これをきっかけに寝たきりになる場合もあるので注意が必要です。

また、すり足で歩いている姿は実年齢よりも老けて見えますから、その点でもなんとか回避したいものですね。

そこで今回は、すり足改善のトレーニングをご紹介しましょう。

 

まずは何故すり足になるのかについて。

ずばり筋力の低下が原因ですが、特に太ももとお腹の筋力が落ちているのが原因です。

ですから、筋力UPはすり足改善には欠かせません。

更に、普段から「かかとから着地して後ろ足のつま先で地面を蹴る」という意識を持って歩くクセをつけましょう。

すり足の人は後ろ足のつま先で地面を蹴っていませんから、大切なポイントです。

 

そしておすすめするトレーニングは次の2つ。

 

1つ目は、両足をそろえ膝を伸ばして床に座り、両手は後ろについて上半身を支えます。

その状態で足首を手前(体の方)にぐっと反らせ5秒キープ。

その後、逆につま先をしっかり伸ばしましょう。これを5〜10回繰り返します。

 

2つ目は、仰向けになり片方の膝を立てます。

もう片方の足は膝を伸ばしたままゆっくり上に上げて下さい。

太ももの前の筋肉が固くなるポイントまで上げて2〜3秒キープしたら、足を下して2〜3秒休む。

これを両足20〜30回ずつやってください。

ベッドの上やテレビを見ながらでも出来ますから、日常生活に取り入れてみましょう。